高齢者へのご案内

みなさんは「健康」と聞いて何を思い浮かべますか?

多くの方は、元気でいられること、病気にならないこと。と思うのではないでしょうか?
確かに一昔前まではそうでした。
しかし今は違います。

高齢者へのご案内日本の近代社会では、医療制度の発展により年々寿命は伸び続け、平均寿命が男性81歳、女性87歳と世界有数の長寿国となっています。


では、健康寿命はどうでしょうか?
健康寿命とは自立した日常生活を送ることができる期間をいいますが、その平均年数は、73歳と実に平均寿命と10歳以上もの差があるのです。
この事実に危機感を持っている方がどのくらいいるのでしょうか?
いくら長生きできたとしても、寝たきりでは意味がありません。いかに健康寿命を伸ばしていくのか。これが今後の日本社会にとっての大きな課題なのです。

日本の大きな死因は1、がん2、心筋梗塞3、脳卒中と言われています。

人は誰でも年をとります。これは自然の摂理であり、老化なのです。
では、老化は病気でしょうか? 違います。
しかしこの老化を遅らせることにより、がん以外の2つの病気を回避する事ができるのです。つまり健康寿命を伸ばすことができるのです。

 

では、どうしたら健康寿命を伸ばすことができるのでしょうか?

どうしたら健康寿命を伸ばすことができるのでしょうか?それは、筋力トレーニングです。

筋肉はなにもパワーをつけたり、体系を変えたりと美的な要素の為だけではないのです。
ここで重要なのは、筋肉を鍛えることによって、血管や骨を強くし、神経も増やすことができるという事です。

血管は自分では動かす事が出来ないですから、筋肉を動かすことによってポンプ作用が生まれ血管が膨張、収縮を繰り返し、心臓を補助して血流が良くなります。
血流が良くなれば、生活習慣病である高血圧を予防することができ、大きな死因である、心筋梗塞、脳卒中を予防することにつながります。
そして、筋肉を鍛えることで骨と筋肉を繋ぐ腱が強くなり、骨密度が上がり骨粗しょう症を予防することが出来ます。

また、人間の身体は順応するのが早く、練習すれば何でも出来るようになります。
これは、脳の神経が増えるということなのです。つまりやらなくなると神経がOUTし、結果として認知症になってしまうのです。

最近ではフレイル(加齢により心身が老い衰えた状態)やサルコペニア(加齢による筋肉量の減少)等という言葉を耳にすることも増えました。

これらのことは、1つのみを解決するのではなく、すべて繋がっておりすべてを解決できるのです。

つまり、健康とは老化に逆らうことであり、それには筋力トレーニングが不可欠なのです。

何かを始めなければと思っている方、私たちが解決致します。

BIG THREEでは完全マンツーマンで他にはない低価格でご案内が可能です。

是非、BIG THREEで健康寿命を伸ばしませんか?